スカイチケット 領収書

田舎を堪能できる「ふるさとツアー」を取り扱っています。

 

学生の頃から旅行が好きで、長い休みになると必ず海外旅行をしていました。

 

 

でも、その頃は格安航空券と言えども価格がそれなりに高く、アルバイト三昧をしてようやく年に2回ぐらい近場に行くというのがせいぜいだったのです。

 

 

やがて、結婚して子供が生まれ、旅行どころではない怒涛の毎日に翻弄されているうちに気がつけば子供も手が離れ、第二の青春を謳歌する時がやってきました。

 

 

そこで、何十年振りかの旅行熱が復活し、安い航空券はないかと探し回ったあかつきに出会ったのがスカイチケットです。

 

 

実は、最初はあまり気が進まなかったのが正直な気持ちでした。その理由は、こういうことってネットでどこが良いのか探すじゃないですか。それでスカイチケットを探してみると、手数料が高いという文字が目に入ったからです。

 

 

せっかくチケットの値段が安くても、手数料が高かったらあまり意味がないですよね。なので、いったんは他のところを当たろうと思っていたところ、久しぶりに大学時代の同窓会があったのです。

 

 

何しろ大学時代は旅行同好会みたいなサークルに入っていたので、集まった仲間はみんな旅行好き。

 

 

一通り昔の話に花が咲いた後は、子育て終了後の「これから」についてが話題となりました。

 

 

そうなると話題はもう、旅行一色ということになる訳ですね。それで、みんながどんなところを使って格安航空券をゲットしているのかを聞いてみたところ、結構多くの人の口からスカイチケットの名前が挙がったのです。

 

 

そこで、手数料が高いのではとちょっと口を挟んでみたら、確かに手数料は他の会社に比べたら高いかもしれないけれど、それを補って余りあるチケットの安さが魅力なのだそうです。でも、安かろう悪かろうってことだってあり得ます。

 

 

でも、若い頃あれだけ旅行に行きまくって安さを追求した仲間たちがこぞって言うのであれば、それはその辺の口コミよりも信憑性がありますよね。

 

 

それに、流石に安ければ何でも良いという年齢はとっくの昔に過ぎているので、それなりに使えなければ誰も使わないはずです。

 

 

そこで、論より証拠ということでスカイチケットを利用してみることになりました。

 

 

結論から言うと、とにかく安くて驚きましたがだからと言って問題があるという訳ではありません。

 

 

サービスとかそういったものを求めるのであれば、旅行代理店に行くことをおススメしますが、ある程度自分でチャッチャと予約出来るタイプの人なら何の問題もないでしょう。

 

 

サイトも見やすいし、予約の手順もシンプルでわかりやすいと感じました。

 

 

アレコレいろいろ世話を焼かれるよりも、ずっと気が楽なので今後はスカイチケット一択と決めたぐらいです。