スカイチケット

今話題の格安航空(LCC)って何?

 

あなたは今話題の格安航空(LCC)を知っていますか?

 

 

航空便なのに驚くほど値段が安く、今とても人気を集めています。

 

 

新幹線よりもずっと安く行けて、今では日本の航空会社も相次いで参入しています。

 

 

しかし選択肢が増えるのはいいことなのですが、どの便を選んでいいのか非常に悩みどころです。

 

 

そこで今回紹介するのが「スカイチケット」です。

 

 

このサイトでは格安航空便を中心としてANAやJAL便も一斉検索し、その中から好みの便を選んで予約できてしまうという超優れもののサイト!

 

 

料金比較ってそれぞれの航空会社をまわって検索するのがとても手間のかかる作業なのでスカイチケットのように一括して検索表示しそこからさらに予約までできてしまうというのはとても助かりますね。

 

 

加えて独自のツアーや宿から海外のWiFiレンタル予約までこなしてくれるので旅行でLCCを使う人には大助かりです。

 

 

もちろんサイトの利用は無料。加えて旅行保険の加入、旅行ガイドなどのコンテンツもついているので現地に着いてから見てまわりたい観光スポットを検索するのにも適しています。

 

検索可能な航空会社

 

スカイチケットでは以下の航空会社のチケットが予約できます。

 

  • ANA
  • JAL
  • SKYMARK
  • Peach
  • VANILLA AIR
  • ソラシドエア
  • AIR DO
  • Jetstar
  • SNA
  • SFJ
  • FDA
  • ORC
  • IBEX
  • 春秋航空日本便
  • AMX

 

これだけの航空会社がskyticketだけで検索、予約できてしまうのですから旅行好きには是非お勧めしたいサイトなのです。

 

 

またネット専門の旅行代理店だから年中無休24時間の申し込みが可能です。

 

 

後はあなたが好きな航空会社を選んで予約するだけ!

 

利用方法について

 

skyticketの利用は全てインターネット上で完結します。

 

 

それでは国内の航空券を例にして利用方法を説明していきます。

 

 

01.航空券の検索:

公式サイト(もしくは専用アプリ)の「検索窓」より利用日時と出発地、到着地を選び、「検索」ボタンをクリック(もしくはタップ)します。

 

 

電話での予約も可能です。

 

 

ただし電話での予約の際には別途500円/1人(片道につき)がかかります。

 

 

02.検索結果の表示:

検索結果が表示されます。この画面では利用可能な各航空会社が複数表示されますのでその中からお好みの便をお選びください。

 

 

*この画面で表示されているものは空席状況ではありませんので予めご了承ください。

 

 

便が確定したら料金の上に表示されているチェックボタンにチェックした後画面下の「進む」ボタンをクリックして「お申し込み画面」に進みます。

 

 

03.お申し込み画面:

ここでは利用者情報を入力します。“必須”と表示されているものは必ず入力してください。

 

 

*名前違いなどがありますと当日搭乗できない場合もありますので入力は正確に行ってください。

 

 

サイトからの申し込みは24時間可能です。

 

 

04.お申し込み確認画面:

入力された内容が正しいかどうかを確認するための画面です。間違いなければ「申し込む」ボタンをクリックして申し込みを確定させます。

 

 

05.お申し込み完了画面:

申し込み受付完了後に入力されたメールアドレス宛てに自動返信メールが送られます。その後しばらくしてから別に予約確認のメールが入りますのでそれまでお待ち下さい。

 

 

06.請求と支払いについて:

予約確認のメールには

 

  • 航空便情報
  • キャンセルについての記載
  • 支払い方法
  • 航空券の確認番号と予約番号

 

が記されています。支払い方法がクレジットカード以外の場合は前払いとなりますので、予約の確定は入金の確認が取れ次第ということになります。

 

 

支払い方法についてはまた後述しますので参考にしてください。

 

 

07.チケットの受け渡し方法:

航空券はチケットレスサービスとなります。(当日空港カウンターでの受け取り)この際、引き換えには予約確認メールに記載されている「確認番号」もしくは「予約番号」が必要ですので当日は忘れずにお持ちください。

 

チェックイン方法、搭乗手続きについて

 

ANA/JAL/AirDO/スターフライヤー/ソラシドエア/ORC/IBX/フジドリーム/天草エアラインの場合

次にあげるいずれかの方法で搭乗手続きを済ませてください。

 

  • チェックインカウンターで確認番号(予約番号)を伝える
  • 自動チェックイン機で確認番号(予約番号)を入力する

 

*空港によってはチェックイン機が設置されていない場合があります。この時はカウンターでの手続きとなります。

 

 

*チェックインは出発予定時刻の20分前までに行ってください。

 

 

スカイマークの場合

航空引換券がメールもしくはFAXにて届きます。

 

 

次にあげるいずれかの方法で搭乗手続きを済ませてください。

 

  • 自動チェックイン機で引換証にある二次元バーコードをかざしチェックイン手続きを終了させます。
  • 空港のチェックインカウンターで引換証を提示します。

 

*チェックインは出発予定時刻の20分前までに行ってください。

 

 

ジェットスター/Peach/ヴァニラエア/春秋航空日本便の場合

「予約番号」がメールで送られてきます。

 

 

次にあげるいずれかの方法で搭乗手続きを済ませてください。

 

  • チェックインカウンターで予約番号を伝える
  • 自動チェックイン機で予約番号を入力する

 

*チェックインは出発予定時刻の35分前までに行ってください。

 

 

*座席指定は当日空港のみで可能です。ただし指定する場合は別途料金がかかります。

 

 

*同様にして海外航空券、ホテル、旅館等の国内宿泊、レンタカー、ふるさとツアー、観光ガイド、海外WiFiレンタルなどが利用できます。

 

支払い方法、キャンセルについて

 

支払い方法は以下の方法が利用できます

 

 

銀行振込:

前払いになります。チケットの発行は入金の確認後となります。

 

 

振込先銀行は三菱東京UFJ銀行もしくはゆうちょ銀行が利用可能です。ただしゆうちょ銀行でのお振込みは「国内航空券」のみとなります。

 

 

クレジットカード決済:

VISA、Master Card、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Clubが使えます。

 

 

コンビニ決済(前払い):

お近くのコンビニエンスストアからお支払いが可能な便利なサービスとなります。

 

 

ご利用に際しては、事務手数料が別途1,080円かかりますのでご了承ください。

 

 

利用可能なコンビニエンスストはセブンイレブン、ファミリーマートサークルKサンクス、ローソン、セイコマート、ミニストップ、ヤマザキデイリーストアになります。

 

 

各コンビニエンスストアによって支払い方法が異なりますので詳細は公式サイトもしくは決済時のメールにてご確認ください。

 

 

*30万円を超える場合はコンビニエンスストア支払いは利用できません。

 

 

領収書の発行は公式サイトの「領収書発行ページ」から手続き可能です。

 

 

キャンセルについて

お求めになったチケットの変更、キャンセル等の条件は支払い条件を記載したメールに記載されていますので必ずご確認ください。

 

 

取り消し日により航空券ごとに所定の取り消し手数料がかかります。

 

 

取り消し手数料の詳細についてはお求めになった各商品ページ、もしくは予約確定後のメールでご確認ください。

 

アプリでも使えます

 

skyticketはスマホアプリでも使うことができます。

 

 

iPhoneはApp Storeから、Android 端末はGoogle Playから無料でダウンロード可能です。

 

 

専用アプリを使うことでよりスムーズなチケットの予約と支払いが可能です。

 

 

スマホをお使いの方はぜひお試しください。

 

 

 

スカイチケットは、格安航空券を気軽に検索でき、その場で予約まで出来ます!

 

スカイチケットは、国内の航空会社だけではなく、海外の航空会社の航空券も格安で購入する事が出来る格安航空券を販売する旅行代理店です。

 

 

航空券をインターネットを使い、最も安い価格で24時間365日いつでも予約したり購入する事が出来るので、利用者からの評判が高くなっているサービスです。

 

 

航空券の予約や販売をインターネットだけで取扱っているため、世間からの認知度はまだあまり高くなってはいません。

 

 

格安航空券を販売している会社の中には、購入したのに航空券の番号を知らせてくれない、航空券をキャンセルしたのに料金を返金してくれないなどの問題が発生する会社もあります。

 

 

問題を起こしてしまう会社の多くは、設立してからあまり期間の経っていない会社や株式の上場などをしていない規模の小さな会社の場合が多くなっています。

 

 

しかし、スカイチケットは売上高や営業利益などは上昇し続けている業績の良い会社で、2006年に設立してから11年以上経ている会社です。

 

 

発行している株式も上場しているので、安心して利用する事が出来る格安航空券販売会社です。

 

 

スカイチケットの特徴は、他の格安航空券を販売している会社と比較して、最も価格の低い航空券を購入する事が出来る事です。

 

 

航空券を格安で販売する事が出来る理由は、航空会社の株主優待券を利用しているためです。

 

 

航空会社の株主優待券を利用すると、航空券を通常で購入するよりも安く購入する事が可能になります。

 

 

それを利用して航空券を利用者の代理で購入しているので、他の格安航空券を販売している会社よりも安い価格で航空券を提供する事が出来ます。

 

 

自分が株主になれば航空券を安く購入する事は可能ですが、スカイチケットから航空券を購入する方が手続き等が簡単に出来るためメリットが大きくなります。

 

 

購入出来る航空券も、通常の手続きで購入する価格の半額程度になるので、大変お得に航空券を購入する事が出来ます。

 

 

格安航空券を販売している会社では、航空券を安く購入出来ますが販売手数料が高い場合があります。

 

 

スカイチケットでは航空券を安く購入出来るだけではなく、販売手数料が安い事や、支払い方法が数種類あり便利という特徴もあります。

 

 

航空券を購入した場合の支払い方法には、クレジットカード払い、コンビニ払い、銀行振り込みの3種類が用意されています。

 

 

購入する事が出来る航空会社は、国内の大手航空会社や格安航空会社や、海外の航空会社の航空券を取り扱っています。

 

 

これらの航空会社の航空券を、インターネットを使い24時間365日いつでも検索や、予約や。購入などをする事が出来ます。

 

 

 

スカイチケットは、国内最大級の格安航空券予約販売サービスです。

 

 

航空券の予約や購入などのサービスは、会員登録をしていない人でも利用する事が出来ます。

 

 

航空券の予約は、飛行機の出発日当日の3時間前まで行う事が可能です。

 

 

この場合は、飛行機の出発2時間前までに航空券の料金を入金する必要があります。

 

 

また、航空券を購入した人に対しては、リピーター割引を利用する事が出来るようになります。

 

 

会員登録を行った人が航空券を購入するとクーポン券が発行される事になっています、2回目以降利用するリピーターは、500円割引を受ける事が出来るクーポン券を利用出来ます。

 

 

そのため、リピーターはさらに安い価格で航空券を購入する事が出来ます。

 

 

インターネットではなく、電話を利用して航空券の予約をする事も出来ます。

 

 

電話を利用した場合は、予約確定時に手数料が必要になるので注意が必要です。

 

 

スカイチケットでは、格安航空券の販売だけではなく、その他のサービスも提供しています。

 

 

サービスの種類は様々で、国内レンタカーのサービスや、国内や海外でのホテルサービスなどを提供しています。

 

 

航空券の予約や購入はインターネットからだけではなく、スマートフォンを使っても予約や購入などのサービスを利用する事が出来ます。

 

 

スマートフォンからサービスを利用する場合は、無料のアプリからサービスを利用します。

 

 

スマートフォンを使う事が多い人では、アプリをダウンロードして利用すると便利です。航空券の予約や購入の申込をした後、確認メールが届かず慌ててしまう人がいます。

 

 

確認メールが届かない原因に、会員登録などの手続きの時に登録をしたメールアドレスの間違いや、迷惑メールフィルターの設定で確認メールが届かない場合があります。

 

 

迷惑メールフィルターが原因でメールが届かない場合は、メールの受信設定を変更が必要です。

 

 

何も問題が無いのに確認メールが届かないような場合は、スカイチケットに問い合わせの電話をかけて確認するようにしましょう。

 

 

航空券の予約や購入をした後で、何かの事情によって予約の取り消しなどをしなければならない時があります。

 

 

そのような場合は、航空券の予約だけを行い料金を支払っていない時はキャンセル料は必要ありません。

 

 

予約の取り消しなどでキャンセル料が発生するのは、航空券の料金を入金してからになります。

 

 

 

スカイチケットは、格安航空券を24時間オンライン予約ができるので便利!

 

 

スカイチケットというのは聞きなれない人もいるかもしれませんが、航空券を格安で購入できるサイトの名前です。

 

 

普通、個人的に旅行や出張などで航空券を手配する場合、自分で航空会社のホームページから予約するのが一般的でしょう。

 

 

しかし、JALやANAのような航空会社の場合、ホームページから予約するとかなり高い航空運賃となるのは知ってのとおりです。

 

 

少しでも割安になる方法として、早期に予約して発券するという方法はあります。

 

 

早割とか旅割などと呼ばれている運賃がそれにあたります。しかし、このような運賃はもちろん早期に予約して発券する必要があります。

 

 

例えば3日前などというようなことになると割引の大きな運賃はほとんど期待できず、正規の普通運賃を利用せざるを得ない場合がほとんどです。

 

 

スカイチケットではこのような場合であっても割引運賃を提供しており、正規運賃を利用するよりは割安に飛行機に乗れる可能性が高くなっています。

 

 

それはもちろんありがたい話なのですが、では一体その仕組みはどうなっているのでしょうか。

 

 

何か怪しい手段によって安くなっているのであれば問題です。そのような怪しいことをしているサイト、会社は信用がおけないかもしれません。

 

 

もしかしたら、お金を支払ったにもかかわらず航空券が手配できなかったり、手配された航空券も、いざ搭乗するときになってこれは無効だといわれたりすることがあるかもしれません。

 

 

そんなことになっては困ります。まともな仕組みにより安くなっているのでしょうか。

 

 

これは、株主優待という仕組みにより安くしているのです。これは航空会社にも認められた方法であり、決して怪しいわけではありません。

 

 

もしかしたら既に自分自身が株主になっているとか、あるいは街中のチケットショップで購入するという方法により株主優待券を入手し、それを使って航空券を購入したことのある人もいるかもしれません。

 

 

このような株主優待券があれば、正規運賃の5割引で割引航空券を購入することができます。

 

 

制度上は特に購入期限というものはありませんから、早割などのように何週間も前に予約、発券する必要はありません。

 

 

ただし、チケット発券のシステム上、当日では購入はできない仕組みとなっていますが、これは仕方がないでしょう。

 

 

自分自身で空港に行って発券するわけではない以上、ある程度時間に余裕が必要なのは止むを得ないことです。

 

 

 

スカイチケットは、大型連休の旅行や家族旅行、出張などに便利です!

 

 

また、念のために書いておきますが、株主優待券とはそれが発行された株主自身でなくても誰でも利用できます。

 

 

これは株主優待券上にもはっきりと明記されています。ですから、合意の下で譲渡を受けたり売買したりして利用するのは全く問題はありません。

 

 

このような株主優待券にはもちろん額面上の金額などというものはなく、あくまで需要と供給のバランスで取引されているものですが、例えば1枚5000円で購入できると仮定しましょう。

 

 

すると、片道の正規運賃が30000円の航空券があったとしますと、その5割引つまり15000円で購入できることになります。株主優待券の5000円を加算して、合計20000円で購入できることになります。

 

 

もちろんこれは自分自身で株主優待券を購入し、それを使って自分で手配した場合の話です。

 

 

いまは、スカイチケットのシステムを利用して発券しようとしているのですから、彼らの手数料というか、取り分が発生するのは当然です。

 

 

しかし、仮にそれがチケットの1割の3000円であったとしても、合計23000円で購入することができ、正規運賃と比較すれば実に7000円も安くなるという計算です。

 

 

実に明快な仕組みで、これに怪しい部分などどこにもありません。

 

 

このようにお得な仕組みなのですが、注意するべき点もありますから、利用時には気をつけておきましょう。

 

 

それは、キャンセルする場合です。航空会社の規定として、株主優待券を使って購入した航空券をキャンセルする際には、株主優待券は返却されないことになっています。

 

 

そのため、キャンセルする際には株主優待券は無駄になってしまうのです。

 

 

航空券そのもののキャンセル料はせいぜい数百円程度ですが、株主優待券の分はまるまる差し引かれてしまうのです。

 

 

上の例で言えば、23000円で購入した航空券をキャンセルした場合、航空会社から戻ってくる金額は航空券代金の15000円から数百円の手数料を差し引いた分、つまり14500円かそこらの金額だけです。

 

 

スカイチケットの手数料である3000円に加えて、株主優待券の5000円についても戻ってはきません。

 

 

8000円以上の持ち出しとなってしまいますので、注意が必要です。

 

 

もしもキャンセルの可能性があるのであれば、たとえ30000円を支払ったとしても、キャンセルの際にはせいぜい数百円の手数料で済む正規運賃を利用したほうが結局は賢い選択肢だったということになるかもしれませんから、注意が必要です。

 

 

 

スカイチケットは、国内最大級の品揃えが魅力の格安航空券の予約サイトです。

 

 

近年では、LCC(格安航空会社)が話題となっており、大手航空会社の半額以下で飛行機に搭乗することができます。

 

 

移動にかかる費用を大幅に抑えることができるため、週末などを利用して手軽に旅行を楽しむことが可能になっています。

 

 

しかし、選択肢が増えたことから「一体どの航空会社が一番安いの?」と悩むユーザーが増えているのも事実です。

 

 

そこで、最安値の航空券を入手するために便利なスカイチケットというサービスをおすすめします。

 

 

このサービスはインターネット上のサイトからはもちろん、スマートフォンの無料アプリから利用することが可能です。

 

 

サービスの利用方法について確認しましょう。

 

 

大まかな流れは便の検索、申込、入金、搭乗手続きの4つのステップを行うだけです。

 

 

まず、サイトやアプリからの検索方法は非常にシンプルで、出発地と目的地を選び、出発する日付をカレンダーから選択し、航空券選択ボタンをクリックするだけです。

 

 

この簡単な作業で、希望する目的地と日付の便が全て表示されます。

 

 

デフォルトでは価格が安い準備表示されますから、LCCが運行する便が上位に表示されます。

 

 

ただし、出発時間が遅い順や、到着時間が早い順に並び替えることも可能です。

 

 

なお、席に余裕がある場合には「○」が表示され、あまり余裕がないケースでは「残りわずか」という表示や、具体的な座席数が数字で表示されます。

 

 

ほとんどのケースでは、格安航空会社の便はあまり余裕がなく、「○」が表示されていることはまれです。

 

 

このように、格安プランは早めに売れてしまう傾向がありますから、少しでも早く申し込みを行う必要があります。

 

 

では、第二段階の申込手続きについて確認しますと、まず、先ほどの検索結果から気になる便をクリックします。

 

 

ここから、会員としてログインする、あるいは新規会員登録を行います。

 

 

新規会員登録を行う場合には、氏名や性別、生年月日、メールアドレス、電話番号などの個人情報を入力が必要です。

 

 

入力が終了すると内容確認ページと進み、問題がなければ申し込み完了となります。

 

 

なお、申し込みが完了すると申込番号が発行されますから、これをしっかりと控えなければなりません。

 

 

ちなみに、登録したメールアドレスにも申込番号は配信されます。

 

 

 

スカイチケットで、国内旅行をもっと効率よく、お得に予約したい方に!

 

 

第三段階の入金方法については、申込確認メールに入金方法が案内されますから、これに基づいて入金手続きを行ってください。

 

 

なお、銀行振込やクレジットカード、コンビニからの決済が可能となっています。空港の窓口では決済できません。

 

 

また、決済方法によって手数料が異なりますから、メールでしっかり確認を行いましょう。

 

 

スカイチケットでは入金手続きが終了すると、規定のキャンセル料が発生する特徴があります。

 

 

特に、格安航空会社のジェットスター、ピーチ、バニラエアでは、キャンセル料が100%になる点はしっかり把握しておきましょう。

 

 

支払いが完了するといよいよ最終段階の搭乗手続きへと進みます。

 

 

その前に「最終のご案内」というメールが届きますから、これを確認しなければなりません。

 

 

このメールでは、航空券の受け取りに必要な予約番号や確認番号が発行されます。これは、チェックインカウンターで搭乗手続きを行う際に必要な番号となりますから、しっかりと保管をしておきましょう。

 

 

なお、搭乗券は自動チェックイン機で発行することも可能です。この時も、確認番号や予約番号の入力が必要です。以上が、スカイチケットを使用した場合の一連の手続きです。

 

 

こうして見ると手続きが大変そうに思えますが、実際に一度行ってみると二度目以降はスムーズに申し込むことができます。

 

 

会員登録が不要となりますから、便を選択し、メールを確認しながらその通りに入金手続きとチェックインを行うだけです。

 

 

しかも、チケット代金は正規で購入するよりもかなり安くなりますから、利用してみる価値は十分にあります。

 

 

ちなみに、初めて利用するという方は運営会社について不安に思うかもしれません。

 

 

スカイチケットは株式会社アドベンチャーという上場企業によって運営されています。

 

 

利用者を幸せにできる企業こそ価値があるという企業理念が特徴の会社です。

 

 

最近では、スカイチケットの低価格というメリットが多くの人から認知されはじめ、順調に売上も利益も伸ばしているようです。

 

 

信頼性も高い会社ですから、安心して個人情報の登録や入金手続きを行ってください。

 

 

最後に、スカイチケットを利用するメリットについて確認しておきましょう。

 

 

旅行を行うときは、ついつい買い物や食事を楽しみたくなるものです。ですが、航空券が高いと思いのほか予算に制約されてしまい、旅行を存分に楽しめない可能性があります。

 

 

そこで、往復の航空券を安く手に入れることができれば、せっかくの旅行をより充実させることができます。

 

 

あるいは旅行に行ける回数が増え、より人生を楽しむことができるかもしれません。このように、多くのメリットがあるのです。

 

 

 

東京や大阪をはじめ、地方との格安航空券も多数用意!

 

 

スカイチケットは、株式会社アドベンチャーが運営する旅行代理店です。

 

 

Booking.comを利用した国内外のホテルや民泊施設、国内レンタカーを検索・比較・予約できる他、国内旅行では航空機欠航・遅延への補償付きのプラン、海外旅行ではクレジットカード付帯の旅行保険を補う部分に重点を置いたプランなどを扱う旅行保険の申込みも行っています。

 

 

しかし、skyticketの強みは国内外の航空機チケットの予約・検索にあります。

 

 

国内線はJALやANA、スカイマークの他、ピーチ、ジェットスター、スターフライヤー、バニラエア、フジドリーム、エアドゥ、オリエンタル、春秋航空日本、天草エアライン、ソラシドエア、アイベックスが取り扱われ、海外航空券もエールフランス、エアカナダ、シンガポール航空、エアチャイナ、デルタ航空など、有名どころが揃っています。

 

 

通常航空券を予約する場合、航空会社のサイトではその会社が運営している路線しか表示されません。

 

 

旅行代理店のサイトでもJAL、ANAの二つが殆どで、格安航空会社を利用したい場合はそれぞれのサイトを検索する必要がありました。

 

 

しかし、skyticketは先にあげた航空会社を一括で検索することが可能です。出発地、当着地、出発日を入力して「一括比較」ボタンを押すと、時間が早い順に検索結果が表示されます。

 

 

これらは片道の金額で表示され、時間が遅い順、価格が安い順にも並び替えることができます。当日出発の航空券も、出発の3時間前までなら予約可能です。

 

 

この時表示される価格は、各航空会社のサイトや旅行代理店から予約するよりも安くなっています。

 

 

これは、各航空会社の株主優待券を利用して購入しているからで、ユーザーが支払う金額は「株主優待券での購入金額」と「skyticketへの手数料」の合計になっています。

 

 

これらの優待券は金券チケットでも売買されているように、他人でも使うことを認められています。

 

 

このため、利用ユーザーは自分で株主優待を用意することなく、安い価格で航空券を購入することができるのです。

 

 

しかし、利用する際に注意したい点も存在します。

 

 

1つ目は、キャンセルする場合、各航空会社で買う場合よりも高くなってしまうという点です。

 

 

これは、旅行代理店経由での航空券購入という形になるため、「各航空会社への払い戻し手数料」の他、「弊社取り扱い料金」がかかります。

 

 

先に述べたような株主優待券を利用していた場合は、それらの仕入金も加算されます。

 

 

このため、キャンセルする可能性がある場合は株主優待券を使わないプランで予約する方がいいでしょう。

 

 

 

スカイチケットは、海外国内の格安航空券の最安値を一括検索できます!

 

 

2つ目は、skyticketで予約した航空券は全てチケットレスであるため、航空券は当日受け取りになるということです。

 

 

各航空会社のチェックインカウンターに確認番号を伝えるか、自動チェックイン機で確認番号を入力してチェックイン手続きをする必要があるため、出発予定時刻の30分前までにこれらの操作を行う必要があることには注意しなければなりません。

 

 

特に座席指定を行わない場合、座席はチェックイン順に自動で割り当てられますが、メールで届いた予約番号で座席指定を行うこともできます。

 

 

3つ目は、申込みの際にメールアドレスを間違えられないという点です。手続きをほぼすべてインターネットで行うskyticketは、メールアドレスを一文字間違えただけでも必要なメールが届かなくなってしまうため、入力する際には確認が必要になります。

 

 

万が一申込み後にメールアドレスを間違えたことに気付いたら、すぐに電話かメールで連絡を行う必要があります。しかし、これらに気を付ければ、かなりお得に航空券を購入可能です。

 

 

価格設定が安いskyticketですが、ここから更に安く購入することもできます。

 

 

skyticketのサイトから会員登録を行い、航空券を購入すると、「リピーター割引」と呼ばれるクーポンコードが発行されます。

 

 

このコードを2回目以降購入時に、「クーポン入力欄」に入れることで500円割引が適用されます。このクーポンは会員登録していないと発行されないため、頻繁に利用する場合は登録しておくと更にお得に購入できます。

 

 

これに加えて、今年からスタートした「skyticketプレミアム」は月額500円がかかりますが、ホテル代が通常価格の30%オフ、レストランでの飲食代が50%オフ、映画チケットが27%オフの特典が、会員本人の他、二親等以内の家族が利用可能です。

 

 

諸月は料金無料で、入会月中に退会すると料金の請求は発生しないため、一回だけ使いたい場合や、試しに使ってみたい場合でも利用可能です。

 

 

レンタカーを予約する場合も、利用日の10日前までに予約すると最大70%オフになるサービスが適用される場合もあります。

 

 

大々的に広告を打っている訳ではないため、目に触れる機会の低いスカイチケットですが、航空券を筆頭に、旅行に必要なものをかなりお得に予約可能です。

 

 

 

スカイチケットは、最安値をスムーズに検索でき、予約も簡単にできます。

 

 

スカイチケットとは航空券を安く買えるサイトの名前です。

 

 

一見、航空会社のスカイマークと何か関係があるかのように思えるかもしれませんが、スカイマークとは何の関係もありません。

 

 

航空券を安く買うためにはどのような方法はあるでしょうか。

 

 

一つは格安航空会社を利用することかもしれませんが、日本においては格安航空会社はまだまだ路線網も充実していませんし、便数も限られています。

 

 

自分が乗りたい路線に必ずしも就航しているとは限りません。

 

 

大手の航空会社で安い航空券ということになると、早期予約割引を利用する方法があります。

 

 

搭乗の何週間も前の時点で予約し発券することで正規の料金よりも相当に安い値段で航空券を購入することが可能です。

 

 

これは確かに安い航空券を購入する方法ではあるのですが、もちろん欠点もあります。

 

 

一つは早期に購入しなければならないということです。

 

 

そんなに何週間も前に旅行の予定など決まっていないという場合も多いでしょう。

 

 

そしてもう一つの欠点は、これは一つ目の欠点の裏返しと言えるものでもあるのですが、一旦購入した後は基本的に変更やキャンセルができないということです。

 

 

いくら早期の購入が必要であっても、購入後に自由に変更やキャンセルができるのであれば、早期に購入しなければならないことはたいした欠点にはなりません。

 

 

予定が決まっていなくてもとりあえず購入だけしておき、予定が変わったり旅行が取りやめになったりしたときには、それに応じて航空券も変更なりキャンセルなりしてしまえばよいだけのことだからです。

 

 

自由に変更なりキャンセルできる航空券の場合は、早期に購入しなければならないことがさして大きな問題にはならず、それが欠点となるのは、即ち一旦購入した航空券が容易には変更やキャンセルができないからなのです。

 

 

この欠点のために、早期割引を利用したくてもできない人は多いでしょう。

 

 

直前まで予定がなかなか決まらない人、変更の可能性を抱えているような人は、何週間も前に購入するなど夢のまた夢です。

 

 

結局、例えば数日前になってやっと購入に踏み切れるという場合が多いのです。

 

 

しかし、大手の航空会社の場合、数日前などになると、もはや割引らしい割引のある航空券はまずありません。

 

 

ほとんど正規の料金で高いお金を払って購入せざるを得ない場合が多いはずです。このような場合に役に立つのがこのスカイチケットなのです。

 

 

ここでは、ある方法を利用することにより、数日前といった直前であっても、ある程度安い航空券を購入することができる仕組みになっています。

 

 

ちょっともって回った言い方になっていますが、このある方法とは別に怪しい方法でも何でもありません。

 

 

その気になりさえすれば誰でも個人的に利用可能な料金種別であり、実際、この料金種別を活用して飛行機に搭乗したことのある人もいるはずです。

 

 

 

スカイチケットは、国内・海外航空券が最大77%オフでゲットできます!

 

 

その方法とは、株主優待券を利用する方法です。

 

 

航空会社では、一定以上の株式を持っている株主向けに、株主優待券を発行しています。

 

 

この優待券があれば、航空券をいつでも正規料金の半額で購入することができるのです。

 

 

もちろん、基本的には株主優待券はその交付を受けた株主自身が利用することが想定されているのですが、別に交付を受けた株主本人でなければ利用できないということはありません。

 

 

持参人であれば誰でも利用できるのです。

 

 

そのため、例えばチケットショップなどでは株主優待券がある程度の金額で取引されており、実際に売られてもいます。見たことのある人もいるでしょう。

 

 

スカイチケットではこの株主優待券を仕入れており、顧客の依頼に応じて株主優待券を利用して航空券を手配することで安い値段を実現しています。

 

 

とにかく、優待券があれば航空券は半額になるのですから、正規料金の半額が、株主優待券の仕入れ値段と人件費などを足した値段を上回っていさえすれば、株主優待券を利用したこのようなビジネスが堂々と成立するということになります。

 

 

具体例を挙げれば、例えば正規料金が2万円の航空券があったとして、株主優待券を1枚5千円で仕入れることができ、かつ人件費が2千円であったならば、スカイチケットではこの航空券を2万円の半額の1万円に、5千円と2千円をプラスして合計1万7千円で販売することができます。利用者としては正規で航空券を買うよりも3千円安く買えることになるのです。

 

 

このようにとてもありがたい話ではあるのですが、気をつけなければならない点があります。

 

 

それはキャンセルする場合です。キャンセルする場合、実は株主優待券は戻ってこない仕組みになっています。

 

 

ですから、株主優待券の仕入値段はそっくりそのまま自分が負担しなければなりません。

 

 

もちろん人件費も自分の負担です。上の例で言えば、5千円と2千円は自分が負担しないといけないということです。

 

 

それに加えて、航空会社のキャンセル料も負担しないといけません。